こどもロコモ #117

ロコモ(ロコモティブシンドローム)って、「運動器症候群」といって

からだを動かすのに必要な運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった動作が困難となり、寝たきりになる危険性が高くなる症状なんだけど、

高齢者に多く見られる症状でした。


しかし、最近は、子供たちにも異変が。。。


我が子も小学生の時に「運動器検診」というプリントをもらってきて

家で検査をしました。


「こどもロコモ」って

生活習慣、姿勢不良や運動不足による

バランス能力、筋力、柔軟性の低下による運動器機能不全が起こってる状態のこと。


ぜひ、おうちでお子さんとチェックしてみてください。



片足立ち・・・5秒以上しっかりとバランスをとっていられるか?

しゃがみ込み・・・かかとをつけたまましゃがみ込めるか?

両手あげ・・・耳の横までしっかり腕がまっすぐに上がっているか?

立位体前屈・・・膝を伸ばし前屈し、床に手を付けることができているか?


・4項目のうち1つもできない→ロコモです。。。


もちろん、この4つだけできていれば良いわけじゃないけど、

こどもの運動機会をつくってあげましょう♪


勉強するにも体力は必要ですから^ ^




北海道唯一のPHI Pilates マスタートレーナー

札幌のPILATES & FITNESS 「STUDIO HIGUCHI」代表

ピラティスとエアロビクスの専門家 ひぐちたかお

運動指導一筋29年。

体育系専門学校非常勤講師27年(専門はエアロビックダンス、ピラティス)
元エアロビック競技16年連続北海道地区代表
シングル、ペア、トリオ部門で日本代表

20歳でフリーインストラクターとして活動し始め、29歳で独立。株式会社フィットウェーブ『STUDIO HIGUCHI』を設立し、ジュニアからシニアまで100人以上の北海道代表選手と、2000人以上の運動指導者を育成。


スタジオヒグチでは、

3歳から小学生までの運動教室を開催しています。

こどもが「楽しい」と感じ、自発的に取り組む主体性を育みます✨



見学、体験受付中!

お気軽にお問い合わせください♪



【ひぐち校長のオンラインレッスン】
(月)10:00〜11:00「誰もおいていかないピラティス」
(木)19:00〜20:00「代謝アップピラティス」
こちらのレッスンのお申し込みは ↓ ↓ ↓

見ていただき、ありがとうございました❗️


よかったら、こちらもフォローお願いします♪

Facebook : https://www.facebook.com/takaohiguchi.pilates

Instagram : http://www.Instagram.com/takao_higuchi.pilates/


心・美・体

〜運動を通じて一人でも多くの人と共に幸せに活きる


札幌ピラティス・エアロビック・ヨガ・チアダンス|スタジオヒグチ

スタジオヒグチは、札幌エアロビック・ピラティス・ヨガ・チアダンスを通じて心・美・体 〜運動を通じて一人でも多くの人と共に幸せに活きる〜 ココロもカラダも豊かになるようなサービスを提供。

0コメント

  • 1000 / 1000