純粋観照でモノをみること

人には目があるから、

何でも見たもので正確に認識できると考える人が多い。


でも、実際には、

物事をありのままに観ることができず、

判断ミスをおかしてしまうことがある。

  

例えば、

ここにひとりのヤクザの親分がいます。

このヤクザの親分に対するまわりの認識は異なります。  


刑事の場合。

こいつは悪だと。

地域で問題を起こす否定すべき悪人に見えるでしょう。  

しかし、子分には、刑事こそが悪で、対象は面倒見のよい親分に映ってみえます。

(場合によっては、命を賭けたい恩人にも見えるかも)  


妻の場合。

短気で世間的には悪ではあるが、

豊かな生活を与えてくれるよい人に映るでしょう。   

幼い娘には、欲しいものを買ってくれる優しい父親に映ってみえる。  

また、友好関係のヤクザには、義理に厚いよい親分に映って見え、

敵対するヤクザには、うっとおしい嫌な男に映っている。

  

さらに、近所の人。

差別観念が少ない人は、それほど気にならず、

嫌悪が強烈な人は、ヤクザというだけで生ゴミを見るように嫌うでしょう。  


このように、

ひとつの対象に対して、それを認識する観念やエゴによって、

全く違う映し方をしています。  



刑事は、法的観念によってのみ、見つめるので悪と認識し、

幼い娘は、自己に優しいという観点から良き父と見て、  

友好団体のヤクザは、自己の利害関係によって敵味方と振り分ける。  


つまり、

自分にとって対象がどうであるか「エゴの介入」で真実が見えなくなる。


純粋観照とは。

それは、エゴや観念を超え、真理で物事を正確に見つめることを意味します。


ソースや醤油をつけすぎたり、

味の濃いものを食べると、

素材本来の味がわからなくなるように、

自分のエゴ、固定観念、先入観、過去の経験が

対象をありのままに見ることへの邪魔にならないように、

自分自身を出来るだけ清めておこう。

 



札幌ピラティス・エアロビック・ヨガ・チアダンス|スタジオヒグチ

スタジオヒグチは、札幌エアロビック・ピラティス・ヨガ・チアダンスを通じて心・美・体 〜運動を通じて一人でも多くの人と共に幸せに活きる〜 ココロもカラダも豊かになるようなサービスを提供。

0コメント

  • 1000 / 1000