ピラティスとは

ピラティスとは


ピラティスとは、

Joseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)という実在の人物(1883-1967)が開発した身体メソッドです。

「10回やると気分がよくなり、20回やると見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる」

~ ジョセフ・ピラティス ~


ジョセフは、自身が開発したエクササイズを「コントロロジー(=Contorl+logy=コントロールをする学問)」と呼んでいました。

ジョセフは、第一次世界対戦時の負傷兵でもエクササイズができるように、ベッドを改良したマシンを開発しました。

ピラティスマシンは、現代では多くの医療の現場にも導入されるようになり、多くの患者の機能改善にも役立っています。

また世界中のトップアスリートも、障害予防やパフォーマンスアップの観点からピラティスを取り入れるようになっており、

NFLや大学アメリカンフットボールの多くのチームのトレーニングルームにはピラティスマシンが導入されています。

世界的に有名なバレエ団の中には、ピラティス専門ルームを備えていたりと、多くのパフォーマーやアスリートにとってピラティスは身近な存在になっております。

現在では、世界中のピラティスの実践者は、子どもからお年寄りまで、リハビリ目的の方からトップアスリートまで、老若男女問わず広まっております。

ピラティスの可能性

主要ピラティス団体が参画しているPilates Method Alliance(PMA)では、「Heroes in Motion」という活動を行っています。

次の動画は「Heroes in Motion」の活動の様子を動画でまとめたものです。(全編英語)

動画の最初は、生前のジョセフ・ピラティスの指導シーンから始まっています。

ジョセフ・ピラティスは、著名なモダンダンサーであったイヴ・ジェントリーが根治的乳房切除術を受けた後の

運動機能の改善のためのエクササイズ指導を行いました。

イブ・ジェントリーは、その後ピラティスの第一世代ティーチャーとしても活躍しました。

その後のシーンでは、多発外傷、平衡感覚障がい、戦場による負傷での両脚切断、外傷性脳障害の方々へのピラティス指導が紹介されています。

ピラティスインストラクターは、女性であれ男性であれ、高齢者であれ子どもであれ、障がい者であれ、健常者であれ、アスリートであれ、

どのような方にとっても、運動能力を高め、神経系の改善をはかり、皆様の心の充実にも貢献したいと考えています。

ピラティスを愛する皆様のために、我々ピラティスインストラクターは、日々勉強を積み重ねていきたいと思っております。


ピラティス グループレッスンのご案内

ピラティス

特に深部の筋肉を使い、バランスを整え、歪みを改善するピラティスは『Study of movement』と言われ、正しい動きの習得や姿勢改善、キレイな身体づくりには抜群の効果を発揮します。


ピラティスα

通常のマットクラスにプラス、ツールを使うことにより刺激を変化させ、正しい姿勢で効果的なマットピラティスができるようになります。


ストレッチーズピラティス

マットクラスに革命を!伸縮性のある特殊な布を使いながら、体の奥からの深い動き、全身の繋がり、心地よさ、創造性などを驚く程感じられます。ストレッチや、快適な状態でのへのアプローチ、身体機能の繋がりや連鎖の向上など多くの利点があります。


体質改善ピラティス

「シナプソロジー」で楽しく笑いながら脳の活性化。

そして日常では使用されない筋肉を刺激して体も活性化!

運動が苦手な方、体力に自信の無い方にもオススメのクラスです。


マシンピラティスとは

マシンピラティスとは、ジョセフ・ピラティス氏が開発したピラティスマシン等を使用しながら行うピラティスのことです。

一般的にマットピラティスは「難しい」と言われております。

それは、マットピラティスは筋力や筋バランス・姿勢の問題により、正確に身体を動かせず、目的とは違う筋肉が働くことがあるからです。

ピラティスマシンを使うことで、身体を支える補助、または負荷を加えることが可能になるため、正しい動き(ムーブメント)を導き出しやすいというメリットがあります。

「これが本当のピラティスなんですね!今まで『ピラティスは難しい』と思っていた考えが100%変わりました!!」

ピラティスを体験されて、多く聞く感想です。

マシンピラティスは、「プライベートレッスン」で体験できます。


PHI Pilates

ピラティスは世界中のアスリートがトレーニングの一部として取り入れていますが、当スタジオ所属インストラクターが数多く資格取得している

PHIピラティスにおいても、NFL(National Football League)やNHL(National Hockey League)、そして日本ではプロ野球選手、サッカー日本代表クラスの選手達などの間で行われています。

ピラティスの柱である「姿勢改善」「四肢のダイナミックムーブメントに対応できる体幹(コア)作り」そして「身体調整能力向上(コントロロジー)」が、様々な分野のアスリートの競技力を向上させます。

アスリートの持っている潜在能力が身体調節力を養うことによって引き上げられるため、短期でパフォーマンスの向上がみられます。

通常、オフシーズンに行うトレーニングとして、試合期などでは補強やウォーミングアップとしても活用されています。

動画は、NFLのトッププレイヤーがピラティスのパーソナルレッスンを受けているシーンです。

PHI Pilates は「The study of movement」(動きの学習)である。

単なる「コアトレ」「体幹トレーニング」ではなく、人間が本来持っている機能を最大限に引き出す方法。

「カラダを動かすこと」と「歯磨きをすること」は一緒で、健康的な毎日を過ごし、健康寿命を延ばすために必要なこと。

痛みがあって動けない、レントゲンに写らないものに対して、動きを通じて姿勢や機能を改善し、機能不全に伴って痛み[肩こり、腰痛、ひざ痛]が出たり、姿勢が崩れているものに対して、動きを通じて改善する。

すべての人間に対して当てはまるエクササイズメソッドです。


所在地

〒001−0038 札幌市北区北38条西5丁目1−10

TEL&FAX

011-707-3007

E-mail

fitwave-s.h@r8.dion.ne.jp